九州電力は1日、東松浦郡玄海町と鹿児島県薩摩川内市で実施してきた次世代送電網「スマートグリッド」の実証試験を2年間延長すると発表した。計画後に発生した東日本大震災の影響で試験期間が不足し、繰り延べた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加