■寺社再編の勢力争い発端 1090(寛治4)年、白河法王が熊野権現に参詣し、山岳修験への崇敬が流行する。世界遺産・熊野古道の成立である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加