■既存住宅普及伸び悩む 住宅への火災警報器の設置が新築を皮切りに段階的に義務付けられてから間もなく10年。佐賀県内の設置率は7割程度で全国平均を下回り、沖縄県を除く九州で最低だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加