「日本が米国と一緒に戦争をするかもしれない。そんな危機感をかなりの人が共有していた」。1960(昭和35)年5月。佐賀大学の助手だった久保浩洋さん(87)は佐賀市内でデモの隊列に加わっていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加