社民党前党首の福島瑞穗参院議員は5日、佐賀市で講演した。成立した安保関連法を国会審議で「戦争法」と指摘し、自民党から議事録の修正を求められたことに触れ、「安倍政権は公然と言論統制を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加