文部科学省が約10年に一度の学習指導要領の改定を進める中、鳥栖市が小中一貫教育の柱として導入した教科「日本語」が、その考えを先取りしているとして注目を集めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加