ドラマ「下町ロケット」は、技術と情熱で難プロジェクトに挑む町工場を描く。印象的なシーンがあった。二つの部品の研磨面を顕微鏡で見比べる。機械仕上げは光が乱反射し、手作業は鏡のように滑らか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加