明治後期まで行われた古式捕鯨を支えた職業の一つ、鍛冶屋の「本條家」に注目した企画展が、唐津市呼子町の「鯨組主中尾家屋敷」で開かれている。28日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加