呼子を拠点に捕鯨業を営んでいた鯨組主の事務所兼屋敷「旧中尾家住宅」の保存活用に取り組む呼子鯨組(八幡崇経代表)が「呼子とクジラのはなし」(A5判、61ページ)を出版した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加