第2日は12区間92・2キロで競う。トップの小城市は粘り強い走りで新人賞を狙う野中誠を13区、初日の走りを挽回したい堤渉、諸泉翔也を14、15区に並べ、逃げ切りを図る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加