石井啓一国土交通相(前列右から3人目)に道路整備の提案書を手渡す山口祥義知事=東京・霞が関の国土交通省

 佐賀県と県議会、地元期成会の代表者が31日、東京都内で、石井啓一国土交通相や自民党の細田博之総務会長らと面会し、県内の広域幹線ネットワークを担う「有明海沿岸道路」と「佐賀唐津道路多久-佐賀間」の早期整備に向けて提案活動をした。

 国交省では、山口祥義知事や関係市町の首長をはじめ、県議団、国会議員のほか、商工会議所や農協、漁協の代表者らが勢ぞろいした。有明海沿岸道は筑後川橋、早津江川橋を含む県境区間の早期完成などを要望した。

 山口知事は「これらの道路は経済効果に加え、防災面で(避難や支援で使う)『命の道路』としても活用したい」と説明した。漁協関係者は「魚市場の中心は博多で、朝と昼の漁の合間に出荷している。幹線道が整備されれば、労力が軽減される」と訴えた。

 石井国交相は「第2次補正では有明海沿岸道の橋付近にだいぶん(予算を)付けた。ネットワークとして重要だと思っている」と答えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加