三菱自動車は31日、約51%を保有するサッカーJ1浦和レッズの運営子会社の全株式を、三菱重工業と新たに設立する共同出資会社に売却すると発表した。運営子会社への間接的な持ち分は19・8%に低下する。

 三菱自動車は11月中旬に、三菱重工との共同出資会社「ダイヤモンドFCパートナーズ」(仮称)を設立し、運営子会社株をすべて譲渡する。新会社への出資比率は三菱自動車が39・2%、三菱重工が60・8%とする。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加