政府は妊娠や出産、育児を理由に職場で不利益な扱いをするマタニティーハラスメント(マタハラ)の撲滅に向けて、法律を改正する方針を明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加