大賞に選ばれた奈良県の「柿バター」

 全国の地方新聞社でつくるインターネット通販サイト「47CLUB」は31日、全国各地の特産品を競う「こんなのあるんだ!大賞2016」を発表した。商品部門の大賞は奈良県の「柿バター」(奈良新聞社推薦)が選ばれた。

 柿バターは、カキの果肉を丁寧に煮詰めてバターと練り合わせた商品で、やさしい甘みとバターの香りが特徴という。パンなどに塗って食べる。

 大賞は、全国6地域の予選で1位になった優秀賞6商品の中から選んだ。ほかの優秀賞は、宮城県の「防災明かりこけし」、静岡県の「うなぎの刺身」、長野県の「スノーモンキーそば茶」、香川県の「代打ち麺ロール」、福岡県の「にんじん焼酎『珍(めずらし)』」。

 審査は47CLUBの商品約3万7千点と、約1350の事業者、ショップを対象とした。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加