交感神経が活発に働く時間帯は、病原体を攻撃する免疫機能が強くなり、ワクチンが効果的に働くことをマウスの実験で明らかにしたと、大阪大の鈴木一博准教授(免疫学)の研究チームが31日付の米科学誌電子版に発…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加