約400年前に泉山陶石を発見し、有田焼の礎を築いた李参平を顕彰する「陶祖祭」が4日、有田町大樽の陶山神社山頂の「陶祖李参平碑」前であった。約130人が偉業をしのび、有田焼の一層の発展を祈願した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加