緑さえる5月は命かがやく月なのに、厄月と忌んだ文学者がいた。俳句と短歌の改革者、正岡子規である◆<山吹は散り菜の花は実になりて五月一日われ厄に入る>子規、死の前々年の歌だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加