武雄市の山内東小の子どもたちが4日、東日本大震災被災地の岩手県宮古市の鍬ケ崎小に、もち米30キロを贈った。 同校の教師が鍬ケ崎小に知り合いがいたのが始まりで、今年で5回目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加