戦前、朝鮮半島の遺跡発掘調査や建物の修復、保存に尽力した小川敬吉(1882~1950年)の資料展「朝鮮総督府の文化財調査官が遺したもの」が唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館で開かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加