ぱちぱちと竹のはぜる音とともに、見る間に大きな火柱が、凜(りん)とした冬の夜空へと立ち上る。鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で8日夜、創建当時から300年以上続く歳末の伝統行事「お火たき」が行われた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加