原発事故時の甲状腺被ばくを軽減する安定ヨウ素剤の事前配布が1日夜、東松浦郡玄海町で始まった。佐賀県と唐津市、玄海町が、九州電力玄海原発から半径5キロ圏内の住民約8千人を対象に実施。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加