■板・絵・書 地元関係者が制作 武雄市山内町鳥海の鳥海天満宮の拝殿に奉納されている「三十六歌仙画」が新調された。100年以上たち、絵は色あせ、歌の字が読み取りにくいものもあったが、美しくよみがえった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加