折れたりさびたりして役目を終えた針に感謝する「針供養」の行事が8日、佐賀市の佐賀女子高(重永哲郎校長)であった。全校生徒906人が集まり、代表者が針を柔らかい豆腐に刺してねぎらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加