「バイオマス産業都市」としての発展を目指す佐賀市は11日、西与賀町の下水浄化センターで、発酵バイオマス(生物資源)を活用した藻類培養とメタンガス発電を実現するため、約47億円を投じて関連施設を整備す…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加