水田の有効活用などを目的に飼料用米を促進する「九州地域飼料用米推進会議」が7、8の両日、福岡県内で開かれた。佐賀県の15年度作付面積は前年度に比べ26%増えたが、地域によって差がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加