国営諫早湾干拓事業の開門調査の必要性を探るシンポジウムが12日、佐賀市で開かれた。事業と有明海異変の因果関係を指摘している研究者が最新の調査成果を報告し、開門に消極的な国の態度を批判した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加