児童を対象にした熱気球教室が、佐賀市の新栄小(山田良典校長)で開かれた。理科の授業で物の温まり方を学ぶ子どもたちが係留飛行やバーナーの操作を体験し、気球が飛ぶ仕組みを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加