春の交通安全県民運動が始まった11日、神埼市の神埼清明高生徒会ら約30人が、国道34号を走るドライバーに安全運転を呼び掛けた。 キャンペーンには神埼地区交通安全協会、神埼市、吉野ケ里町の職員も参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加