■弥生農耕具「実物見て」 小城市の土生遺跡で出土した弥生中期の農耕具「踏鋤(ふみすき)」が4月に県重要文化財に指定されたのを記念して、同市立歴史資料館で速報展示されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加