熱気球世界選手権競技3日目となる2日、午前に5タスク(競技種目)を実施し、午後は強風のため中止した。佐賀市の上田諭選手は国内勢7選手で最高の暫定3位と奮闘している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加