鳥栖市文化財保護審議会が現地保存を提言する方向となったJR鳥栖駅舎について、橋本康志鳥栖市長は2日の定例会見で、「駅舎保存は技術的にも費用的にも難しい」と述べ、現地保存や移築保存に厳しい見方を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加