鳥栖市と三養基郡みやき、上峰の両町でつくる「鳥栖・三養基西部環境施設組合」は25日、神埼市、神埼郡吉野ケ里町とともに2024年春の稼働を目指す県東部次期ごみ処理施設の広域化スケジュールを公表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加