秋から冬の女性服や小物を約1000点そろえた展示会を開く古賀さん=佐賀市大財のカフェ・パパ

 秋冬物の婦人服をそろえる展示会が4日から、佐賀市天神の佐賀新聞社内にあるギャラリーで開かれる。これからの季節にぴったりな、上品で落ち着いた雰囲気の服や小物など約1000点を展示販売する。6日まで。

 同市大財の洋品店「カフェ・パパ」が年に2度開く婦人服展で、今回は11ブランドの商品を取りそろえる。ワインやキャメル、カーキなど秋の流行色をはじめ、温かみある生成色などの洋服が多く並ぶ。ニットの老舗ブランド「コーザノストラ」からは、体の線を美しく作るカットソーなどを出品。多彩な表情を生み出す「ミヤザキマサヒロ」のセットアップなども人気が高い。

 古賀洋子店長(71)は「大人っぽくてかわいらしい着こなしがテーマ。試着しながら自分らしい一着を探して」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加