佐賀県は15日、水素と空気中の酸素を反応させて走行する燃料電池車(FCV)を公用車として2台導入した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加