日本バドミントン協会は15日、来年の日本代表を発表し、世界連盟スーパーシリーズ(SS)ファイナルのシングルスを日本勢として初制覇した男子の桃田賢斗(NTT東日本)や女子の奥原希望(日本ユニシス)、男…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加