佐賀市の富士大和森林組合が森林整備事業の補助金を不正受給した問題で、不正を見落とした市に責任を求める住民訴訟の第1回口頭弁論が26日、佐賀地裁(立川毅裁判長)であり、市側は「訴えに理由はない」などと…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加