浅き春。残っていた冬風景を塗り替えてくれるのは、見渡す限りの黄色いナノハナ(菜の花)です。思い浮かぶのは「菜の花畠(ばたけ)に入日薄れ…」の歌い出しで始まる“朧月夜(おぼろづきよ)”。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加