吉野ケ里歴史公園で9日、本年度の「考古学講座」が開講した。佐賀県教委文化財課の渋谷格(ただし)係長が弥生時代の集落の移り変わりを解説し、市民約20人が耳を傾けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加