韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が窮地に陥っている。40年以上の交友がある女性実業家に政府の機密文書を見せ、国政への助言を求めていたという疑惑が持たれている。秘書官を通じ、不正蓄財に協力した疑いもあり、捜査機関による女性実業家と秘書官の取り調べが始まった。国民の怒りは大きく、政権発足以来の危機を迎えている。

 朴大統領が国家機密を流した疑いを持たれているのは、父の朴正熙(パクチョンヒ)大統領(在任期間1963~79年)の支援者の娘崔順実(チェスンシル)氏。父が暗殺され、政治から距離を置いていた時期も支えていた親友といわれている。崔氏の元には連日、秘書官を通じて政府の資料が届けられ、演説から人事、外遊時の服装にいたるまで大統領が意見を求めていたという。

 法的には機密漏洩(ろうえい)の問題が大きいが、一国のトップが政治経験のない民間人の判断に依存していたことに驚かされる。韓国の報道機関は「陰の実力者」と呼んでいるが、行政システムの問題点として検証すべきだろう。

 利権も絡んでいる。経済界が、崔氏の側近が理事長を務める二つの財団に774億ウォン(70億円)を提供しているが、大統領秘書官の指示によるものという。崔氏のめいを事務総長にしたスポーツ団体をつくり、政府が7億ウォン(6300万円)を支援した話もある。疑惑はさらに続くといわれている。

 朴大統領は秘書官を更迭して火消しに走っているが、疑惑は大統領本人に関わるものだ。すでに崔氏と辞職した秘書官の取り調べも始まった。速やかに国民に説明責任を果たした方がいい。

 韓国の歴代大統領をみると、ほぼ例外なく末路は厳しい。本人または親族の不正が続き、多くの逮捕者を出している。全斗煥(チョンドファン)、盧泰愚(ノテウ)の2氏は逮捕され、疑惑を持たれた盧武鉉(ノムヒョン)氏は自殺した。

 身内を厚遇する悪弊をやめさせ、大統領が犯罪者に陥る負の歴史を断ち切るために国民はクリーンなイメージがある朴氏を選んだ。今回の疑惑は国民への裏切りとなり、支持率が急落している。

 韓国の大統領の任期は1期限りの5年で、朴氏は残り1年3カ月余り。検察の捜査が進んで立場が厳しくなることはあっても、国民の信頼を回復して挽回するという見方はほとんどない。与党議員も距離を置き始め、政権はすでにレームダック(死に体)状態といえる。

 日本側の懸念は年末に予定されている日中韓の首脳会談の行方だ。核兵器開発を進める北朝鮮に対しては、韓国と連携することが欠かせない。ちょうど今、軍事機密を共有する包括協定が年内締結へ山場を迎えている。韓国の政治空白が続けば、東アジアの安全保障にとって不安の種となる。政権の立て直しを急ぐべきだ。

 朴大統領は20代のときに両親が相次いで殺害され、その後、信頼していた人間が次々と去るという過酷な経験を重ねている。自伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』(2007年)で「政界に入ったとき、これからの私の人生は私のものでなく、国民のものだと思った」とつづっている。

 それが今、政治を私物化した疑いで国民の心が離れた。時間稼ぎは不信感しか生まない。国民に向き合い、疑惑に答えることなしに信頼回復はできない。(日高勉)

このエントリーをはてなブックマークに追加