「焼きキノコとトマトの炊き込みご飯」

POINT

~和風イタリアン米料理~

【材料 米2合分】

ミニトマト(完熟)・・・・・約15個

シメジ・・・・・・・・・・・1パック

マイタケ・・・・・・・・・・1パック

生シイタケ・・・・・・・・・4枚

鶏モモ肉・・・・・・・・・・150g

塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/4

酒・・・・・・・・・・・・・小さじ1

(A)

酒・・・・・・・・・・・・・大さじ2

薄口しょうゆ・・・・・・・・大さじ2

オリーブオイル・・・・・・・大さじ1

みりん・・・・・・・・・・・小さじ2

きび砂糖・・・・・・・・・・小さじ2

塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1

黒こしょう・パセリ・粉チーズ・・・・好みで

【下準備】

・オーブンを160度に余熱する

・Aの調味料を合わせ、しっかり混ぜる

・米を洗って吸水させ、ザルにあげておく

・トマトは縦2つに切り、キノコ類は一口大に切って軽く塩こしょう(分量外)をしておく

・モモ肉は1cm角に切り、塩と酒で下味を付けておく

【作り方】

(1)余熱をしたオーブンにクッキングシートを敷き、トマトを切り口を上にして並べ、160度で15分焼く。

(2)トマトを端に寄せ、その横にキノコ類を平らに並べ、さらに15分焼く。

(3)炊飯器に米を入れ、Aの調味料+水で米と同量になるよう水を加減し、軽く混ぜる。表面を平らにし、下味をつけた鶏肉、(2)のトマトとキノコ類をのせて炊飯する。

(4)炊きあがったら10分程むらし、さっくり混ぜて器に盛り、好みで黒こしょうやパセリ、粉チーズを振る。

=POINT=

セミドライトマトは多めに作って保存しておくと、パスタやスープに使えて便利。保存する場合は、軽く塩を振って120度前後で2時間ほど焼き、ニンニクと一緒に浸るくらいのオリーブオイルに漬けます。保存は、冷蔵庫で1~2カ月ほど。長期保存の場合は冷凍庫へ。

=Reiko’sコメント=

オーブンで焼いてセミドライにしたミニトマトと季節のキノコをたっぷり入れ、イタリアンテイストの炊き込みご飯にしました。焼くことでトマトとキノコのうまみ成分が凝縮し、鶏肉のうまみもプラスされてダシいらず。素材のおいしさが引き立つうまみたっぷりの米料理です。

=DATA= 大間 礼子さん

「旬菜クッキングサロンREIKO」主宰。フードコーディネーター、料理研究家。

HP http://ameblo.jp/reivege

このエントリーをはてなブックマークに追加