1月の大雪でビニールハウスの倒壊被害が出た佐賀市富士町で27日、JAさが中部による撤去作業が行われた。苗床の植え付けが4月末に迫り、早急な復旧が必要な9戸30棟(計4864平方メートル)を解体した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加