文化勲章の親授式を終え、記念写真に納まる(左から)草間弥生氏、中野三敏氏、平岩弓枝氏、太田朋子氏、大隅良典氏、船村徹氏=3日午前、宮殿・東庭

 文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿「松の間」であり、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった細胞生物学の大隅良典(71)、絵画・彫刻の草間弥生(87)、日本近世文学の中野三敏(80)=武雄市出身、集団遺伝学の太田朋子(83)、小説の平岩弓枝(84)、作曲の船村徹(84)の6氏に天皇陛下から勲章が手渡された。

 親授式の後、受章者を代表して平岩さんが「なお一層、役に立つような仕事をさせていただきたいと思っております」とあいさつ。天皇陛下は「今後ともそれぞれの分野の発展のため尽くされるよう願っております」とねぎらいの言葉を掛けられた。

 親授式に出席した6人は宮殿東庭での記念撮影に臨んだ後、宮内庁で記者会見。大隅さんは「大変重い章をいただいた」と謝意を示した上で「科学をみんなと楽しむ国になってほしい。そのために微力ながら尽くしていきたい」と語った。

 船村さんは「今までと変わりなく、日本人がつくった民謡、大衆演劇を突き詰め、歌謡曲、演歌といわれるような世界を極めていく仕事をやっていきたい」と今後への思いを口にした。隠居したいと考えていたという平岩さんは今回の受章を受け「もっともっと精進し、1作でも2作でもご恩に報いるような仕事をしないといけないと自らを励ましている。非常に新鮮な気持ちで仕事に向かい合っているような気がする」と気持ちを新たにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加