佐賀市教育委員会は28日、世界文化遺産・三重津海軍所跡(諸富町、川副町)でドライドック(乾船渠(せんきょ))の側壁に当たる護岸の遺構が新たに見つかったと明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加