西九州大学(向井常博学長)の健康福祉学部で専任講師を務めていた30代の男性が、佐賀大大学院の博士号取得の証明書を偽造し採用されていたことが14日分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加