国重要文化財・多久聖廟の近くで人形工房を構える「聖心房」で恒例のひな人形展が開かれている。工房主で人形職人の倉富博美さんは「本当は1回限りの作品展が22年も続いてしまった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加