九州大学などの研究チームは、体長1ミリほどの「線虫」に人間の尿の匂いをかがせ、その反応から「がん」の有無を判定できることを突き止めたとして、米科学誌「プロスワン」に発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加