鳥栖―甲府 後半7分、味方守備陣に指示を出す鳥栖GK林

 ○…鳥栖の守護神、GK林が2年ぶりに34試合3060分、ゴールを守り続けた。「締めくくりで貢献しているところを見せる」と臨んだ甲府戦は7試合ぶりに無失点勝利。「けががあった中で年間を通して出られたことは財産」とうなずく。

 昨季はけがの影響で23試合出場にとどまった。「チームを勝たせるキーパー」を目指した今季は34試合37失点でリーグ4位。「なかなかうまく回すことができなかった」と厳しく自己評価するが、第2ステージは両手を痛めながらも懸命にゴールマウスを守り続けた。

 日本代表の“常連”だが、まだ出場はかなっていない。「一瞬では変われない。ただ時間を掛けてでも変わって頭1個抜け出してやる」と筋力トレーニングなどで肉体改造に努める林。これからも向上心が衰えることはない。

=J1リーグ第2ステージ最終節=

このエントリーをはてなブックマークに追加