玄海町値賀(ちか)地区の名称の由来になっている戦国末期の領主・値賀伊勢守長(ながし)の没後400年祭が16、17の両日、同地区の普恩寺(金子謙三住職)で開かれる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加