東日本大震災の被災地復興を応援する、宮城県産の酒米を使った日本酒「絆伝心(きずなでんしん)」の仕込みが16日、みやき町の天吹酒造で始まった。取り組みは今年で5年目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加