名古屋は最後までゴールネットを揺らすことができず、逆に試合終了間際の一瞬の隙から決勝点を許し3連敗となった。西野監督は「痛恨の失点、痛恨の敗戦と強く感じざるを得ない」と落胆の色を隠せなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加